能登の事業者の方へ
TANOMOSHIに参加するには

私たちの想い

地域の事業者の成長が、
持続可能な地域の実現につながる

全国でも人口減少・高齢化が顕著な石川県奥能登地域では、昔ながらの事業者の高齢化による廃業や、進学・就職を機に地域を離れる若者の流出が止まらず、地元経済に及ぼす影響は深刻となっています。

そのような中、奥能登地域の小規模・零細事業者を主な顧客とする興能信用金庫と、隣接する七尾市のまちづくり会社「株式会社御祓川」では、事業者同士が成長や挑戦を促進しあいながら、持続的な経営を目指す、支え合いと学び合いを核としたコミュニティをつくれないかと「能登ローカルビジネスラボ『TANOMOSHI』」を創設しました。

まだ始まって間もない取り組みですが、奥能登地域での事業者が支え合うことで、様々なインパクトが生まれています。地域課題を解決するための新しい事業の誕生、関係人口の増加、コミュニティの継承、里山里海の保全といった社会的インパクトの創出を目指しています。

課題先進地である奥能登は、世界でも類を見ない高齢化と人口減少下における世界最先端の挑戦フィールドです。TANOMOSHIを通じて、能登で同じ志を持った方々とともに能登の未来を描いていきたいと思いますので、本コミュニティにご関心ある方は、下記フォームよりお問合せください。

第1期メンバー
第1期メンバー

課題の解決や実現したいことの
サポートを行います

  • 新規事業づくり
  • 事業の承継者育成
  • マーケティングなどの専門領域の早急な強化
  • 事業整理のための壁打ちが欲しい
  • 組織マネジメント力を高めたい

参加して得られること

金融機関、中間支援組織のサポートを得てやりたいことに挑戦できる

長年、地域密着型金融に取り組んできた興能信用金庫と、民間まちづくり会社として多彩な中間支援を展開してきた御祓川が、それぞれの専門的な知見やノウハウ、ネットワークを活用し、事業計画の策定や財務アドバイス、販路開拓、人材採用や組織づくりなど多岐にわたるサポートを行います。

地域の課題を共有する仲間ができる

能登という共通の地域課題を抱えつつ、金融機関、中間支援組織も含め、異なる事業課題を持つ仲間と交流することで、新しいアイデアを得たり、刺激や応援を得たり、連携による取り組みを行ったりと、挑戦の可能性が広がります。各事業者がTANOMOSHIの定例セッションで開示する情報は、秘密保持契約(NDA)締結のもと秘密として適正に管理されます。

地域の外とのネットワークができる

TANOMOSHIでは、新領域でのテストマーケティング、他地域の先駆者や事業者コミュニティとの交流、エンドユーザーとの意見交換、都市部からの副業人材の採用など、地域の外とのつながりを積極的に設けています。参加事業者の視座が高まり、事業機会が広がります。

自社の成長や変革のためのTANOMOSHIの構成要素

● TANOMOSHI月例会

毎月1回定例で、事業者・興能信用金庫・御祓川が一堂に会して、各社が取り組んでいるプロジェクトの進捗や経営相談を持ち込み、メンバー同士で意見を交わし合いブラッシュアップする場です。

● 壁打ち・アドバイス

プログラム期間を通じて、興能信用金庫職員と御祓川スタッフによる、事業相談の壁打ち、事業計画策定・財務面アドバイスなどを活用して、恒常的に自社の成長や課題解決を推進します。

● 課題に合わせた講演など

主に、月例会の中で、地域外で活動する先駆者を招いて講演をいただいたり、自社の事業計画に対するフィードバックを得ることができます。 

月例会
Zoom開催の月例会

プログラムの流れ

月1の定例会を軸として、興能信用金庫や株式会社御祓川のサポート、参加メンバーとのディスカッションを通して事業プランをブラッシュアップしていきます。

プログラム期間は約1年で、最初の3ヶ月で期間中に集中的リソースを投じて取り組む課題や挑戦についてのプランニング(プロジェクト組成)をし、その後の8ヶ月程度で様々なリソースを活用しながら実際にプロジェクトに取り組みます。最終月の定例会では、プログラム期間を総振り返りし、期間中に得たもの・今後も続けていくことを整理します。

また、コミュニティは半永久的に続くものですが、特に入会1年目は、参画事業者が、興能信用金庫や御祓川の支援を受けて、集中的に自社の経営革新に取り組む「プログラム期間」とよんでいます。プログラム期間中の事業者のことを「ラボパートナー」と呼びます。

プログラム期間

● 1〜3ヶ月目:プロジェクト組成期間

・チームビルディング
・各事業者のビジョン・中期計画の整理を通じた課題を特定
・課題解決のための短期プロジェクト化

● 4〜11ヶ月目:プロジェクト実施期間

・コミュニティメンバーの知恵・ネットワークを活用して、短期集中の成長・変革に取り組む
・コミュニティメンバーを取締役と仮定した仮想経営会議で、その時々の経営相談を投げかけ、改善に向けてフィードバックを得る

● 12ヶ月目:振り返り

何が定着したか、今後も続けていくことの確認

※プロジェクト期間中は、定例会やグループチャットを通じて、相談・助言し合いながら進めていきます。

プログラム修了後の事業者は、所定の年会費を拠出してコミュニティメンバーを継続することができ、その時々のラボパートナーが主体となるプログラム(主に定例会)のオブザーブや、TANOMOSHIの場を通じた各種経営に関する相談が可能になります。同じ能登で、視座高く各自の事業経営を続ける仲間としての支え合いは続きます。

選考フロー

事業者からの直接、または、事務局からの声がけを通じて、申し込みフォームにエントリーいただきます。エントリー後、最終的なコミュニティへの正式参加にあたっては、プログラム期間中に挑戦したい内容や、TANOMOSHIコミュニティにどう貢献できるかを既存メンバーにプレゼンしていただき、その内容をもとに、コミュニティの参画基準に照らして、既存メンバーと事務局が参加を決定します。
なお、入会時には、入会届、機密保持契約締結、会費支払などの手続きが発生します。

活動の様子

もっと見る

3期(2023.1〜)メンバー募集

2022年11月の募集開始を予定しています。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。
事務局による本会趣旨に照らした選考の上、ご参加決定となります。

お問い合わせフォーム